Activities
活動報告

2024.02.28

児童の居室備品整備

 この度は、当ホームの居室整備について助成くださりありがとうございました。
 開所以来、頂き物やその都度購入したりした家具を使っていたため、居室によって備品がまちまちでした。また、南側の部屋のクローゼットは、間口の広い観音開きだったため物が置きずらかったり、ベッドの位置を変えることもできませんでした。
 今回、整備させていただいたことにより、居室による差がなくなり、これまで物置と化していたクローゼットが有効に使えるようになったこどで子どもたちも喜んでいます。
 サーキュレーターにつきましては、暖房・冷房との併用による電気代節約と考えていましたが、ほとんどの子が冬場のエアコンの使用をしていないため、夏場にエアコン代わりに使用するなどやはり節電に効果があると考えていて、子どもたちが支払う光熱費の抑制につながるものと思います。

事業報告

施設名:自立援助ホーム Ohanaの家(岐阜県)